わどぅー

記事については、中間出力の場合も多いので間違ってたらごめんなさい。twitter は waddlaw です。どうぞよろしく。

Kanon 使ってみました

とりあえず、色々やってみよう。初期ユーザは以下の3人らしい。

ユーザ名 名前 パスワード グループ 説明
admin 管理太郎 admin admin 管理者権限。Tracの管理を含めた全ての操作が可能
leader 頭春蔵 leader leader リーダ権限。開発者権限に加え、マイルストーンの操作が可能
guest 客人開発者 guest developer 開発者権限。チケット、Wikiの操作が可能

とりあえず、管理者になれば何でもできるはず! 左上のログインから管理者ユーザになっちゃおう。
そうすると、青いタブに「管理」ってタブが出てくるのでこれをクリックして新規ユーザでもつくろうかな。

この辺の設定は Trac のやつとそんなに変わらないなー。
左側の「アカウント」→「ユーザ」→「ユーザ追加」で簡単に追加できるというw

これで「waddledooo」アカウントが作成できたぞ!
あとは、このアカウントを管理者にすれば他のアカウントのパスワードとかは変更できるね!

管理者権限の追加方法

  1. ユーザ名をクリック
  2. パーミッション」タブをクリック
  3. [Show all permissions]をクリックするとパーミッションが色々でてくる
  4. Trac」の「TRAC_ADMIN」にチェックをいれる
  5. 右下ぐらいにある「パーミッションを更新」ボタンを押す


以下は管理者アカウントを消してしまった場合の対処法になります。

ここで、僕は自分のアカウントが管理者ユーザになったと思い、既存の3つのユーザを削除してしまう・・・。そして、なぜか管理者権限が無いという・・・w
誰も「管理」タブにアクセスできない状態に!

そういう場合はこんな感じでパーミッションを追加しましょう (waddledooo が各自のユーザ名になります)

 $ sudo trac-admin /var/opt/kanon/trac/SampleProject/ permission add waddledooo TRAC_ADMIN

するとやっと管理タブが出現して一安心です。


あとは、チケットとか登録して遊んでれば使い方は大丈夫かな。あと、バージョン管理のやり方だけあとで調べておこう