読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わどぅー

記事については、中間出力の場合も多いので間違ってたらごめんなさい。twitter は waddlaw です。どうぞよろしく。

Ubuntu 11.10 で Kanon のセットアップをしてみた

Linux

Kanon のインストール

 $ wget http://kanon.ultimania.org/hg/KanonConductor/archive/tip.zip
 $ unzip tip.zip
 $ cd cd KanonConductor-*/
 $ sudo ./kanon-setup

この後、Maven と Jenkins をインストールするか聞いて来たので、僕は両方入れてみました。

ここまででインストールは終わり。次はプロジェクトの作成

 $ sudo /opt/kanon/bin/kanon-create-project

途中でプロジェクト名とかバージョン管理システムをどれにするか聞かれるので適当に答える。
僕が Kanon を使ってみようと思ったのは対応するバージョン管理システムが豊富だったからという理由なんだけど、ここでは無難に git を選択しておこう。

ここで安定の 503 エラーー。以下の手順で修正

 $ sudo vi /etc/apache2/sites-available/kanon

修正内容

# WSGISocketPrefix run/wsgi
WSGISocketPrefix /var/run/apache2/wsgi

apache2 再起動

 $ sudo apache2ctl restart

これで、ブラウザから http://localhost/trac/プロジェクト名 にアクセスすれば Kanon のプロジェクトが作成されていることを確認できるはず。
同様に、 http://localhost/git/プロジェクト名 で git リポジトリにアクセス可能です。
また、http://localhost/trac/SampleProject という練習用プロジェクトが自動的に作成されるので、これを使って基本的な使い方などを練習できます。

内容が、ほぼこちらの blog と一緒になってしまった・・・。
参考文献:http://mizuhakari.blogspot.com/2011/11/kanon.html


利用方法についてはまた別の記事にしておこう。というか、wiki の Kanon セットアップガイドを進めてみればいいんだけなんだけど・・・