わどぅー

記事については、中間出力の場合も多いので間違ってたらごめんなさい。twitter は waddlaw です。どうぞよろしく。

 10/8

これでVisioを使ったネットワーク図作成からおさらば?運用まで管理できる「Prime」|オープンソース・ソフトウェア、ITニュースを毎日紹介するエンジニア、デザイナー向けブログ

僕らに学べるのは知識と技術しかない
http://ulog.cc/a/kensukeShimoda/5893

1.8.7の今後につきまして
http://www.ruby-lang.org/ja/news/2011/10/07/plans-for-1-8-7/

35歳プログラマ定年説はもう時代遅れ。職業プログラマは32歳定年説を推します
http://www.tamoot.net/d/20111007.html#p01

賢いと称賛されていた「誰がスパム業者にメールアドレスを流出させているのか突き止める方法」
http://labaq.com/archives/51704992.html

ハッシュとソルト、ストレッチングを正しく理解する 本当は怖いパスワードの話
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/special/165pswd/01.html

iPhone4ユーザー大勝利!4Sに少額でアップグレードできちゃうかも【アップル神対応】
http://www.appps.jp/archives/1835600.html

香港の学生が作成したスティーブ・ジョブズの“追悼ロゴ”が世界中で話題に
http://netafull.net/apple/038777.html

NTTドコモ、独自開発した文字認識技術をAPIでトライアル提供
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/10/05/081/index.html

FizzBuzz問題を使って社内プログラミングコンテストを開催してみた
http://d.hatena.ne.jp/JunichiIto/20111007/1317976730
 この記事のコメントを見たら悲しくなった。この業界で FizzBuzz を知らないって自分の無知を公言しているようなものじゃないの?
 1位の人が良いコードだというのはループを抽象化してるからでしょうね。
 
僕もHaskellFizzBuzz問題解いてみた

module FizzBuzz () where

import System (getArgs)

main :: IO ()
main = do
  n <- getArgs
  let n' = if null n 
           then error "no input value" 
           else str2int $ head n
  display $ fizzbuzz n'

str2int :: String -> Int
str2int = read

fizzbuzz :: Int -> [String]
fizzbuzz n = map f [1..n]
  where
    f n | isTriple n && isQuintuple n = "FizzBuzz"
        | isTriple n = "Fizz"
	| isQuintuple n = "Buzz"
	| otherwise = show n

isTriple :: Int -> Bool
isTriple n = n `mod` 3 == 0

isQuintuple :: Int -> Bool
isQuintuple n = n `mod` 5 == 0

display :: [String] -> IO ()
display = sequence_ . map putStrLn